【正露丸(大幸薬品)】もしかしたら一番の常備薬かも

【投稿者】葉山様(兵庫県、女性、25歳)

どうにも、胃腸関係が弱いらしい私。
寒い日に薄着して出かけてしまったり、緊張して過度のストレスを受けてしまったり、あるいは、好きだからといって調子に乗って辛いものを食べ過ぎてしまったり…いろんなタイミングで、お腹をこわしてしまいます。
そんな私の常備薬といえば、やっぱり、正露丸。
さまざまな原因からなる、お腹のトラブルに効果てきめんです。

じつは正露丸、様々な薬品メーカーから出ていますが、私が愛用しているのは、ラッパのマークでおなじみ、大幸薬品の正露丸です。
薬局で普通に買えます。
長旅の前に忘れたときは、空港の薬局で買うこともあります。

正露丸には、糖衣タイプのものもあります。
こちらのほうが、ニオイが気になる方、苦くて飲めないという方にもおすすめできるのかもしれません。
ですが私が愛用しているのは、昔ながらの、独特の、ツーンとするニオイがするオリジナルのタイプのもの。

用法・容量は成人の場合、1日3粒を毎食後、つまり1日3回…とありますが、あまり守ったことはありません。
お腹がこわして、もうダメだ!…という時に、クイっと3粒、飲んでいます。
また、飲んだらびっくりするほどにすぐに効き目が現れるので、次の食事のときまで症状が長引いていることもないため、いつも、一度きりしか飲んでいません。

この正露丸、効能に、むし歯の痛みにも効くと書いてあります。
ピリピリしているので、痛みが麻痺するんですよね。(糖衣タイプのものは、この限りではありません)
一度、ひどい口内炎ができてとても痛かったときに、傷口にこの正露丸をぎゅっとあてがったことがあります。
決して推奨されている用法ではありませんが、痛くて寝られなかったのが、痛みが正露丸によって麻痺したことで、ずいぶんラクになったことがあります。

お腹をこわしやすい私に、正露丸がいいよと職場の人から勧めていただいてからもう3年ほどが経ちます。
それ以来ずっと、私にとっては手放せない常備薬となっています。
これからも末永く、お世話になる予定です。

※こちらの口コミの内容は「個人の感想」です。お薬の効果を保証するものではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ