毎年受ける健康診断と自覚

30代になってからは、やはり、健康にも気を使うようになり、毎年健康診断を受けるようにしています。
自分では健康だと思っていても、実際は違う場合があるのです。

実際、私は見た目は細かったのですが中性脂肪が高く、再検査の案内が届いた年もありました。
健康は、見た目で判断してはいけません。

レントゲン、心電図、血液検査の、一番簡単な検査ですがそれだけでも健康に気を付けられます。
少し、数値が悪かったら自分で生活を見直せます。健康維持には、自覚と我慢が大切です。
若い時は、好きなだけ食べて飲んでと、暴飲暴食をしていても大丈夫でした。
しかし、今でもそんな無茶をしてしまうと病気になってしまいます。
なので、ある程度の我慢も必要となります。私は、肝臓の数値が高くなってしまったので毎日飲んでいたお酒をやめてしまいました。

最初から、一切やめてしまうのではなく徐々に量を減らしていき、最終的には、完全にやめてしまいました。
そうすると当然なのですが次の年には肝臓の数値がよくなっていました。
ストレスなく健康維持をしていきたいです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ