三協立山アルミのフォノーバかプロセレーネ

私は今、横浜にある持ち家のリフォームを行う際の玄関ドアについて悩んでいます。

三協立山アルミのフォノーバかプロセレーネに惹かれています。ファノーバはK3仕様、プロセレーネはK2仕様です。
数字が小さいほど断熱性のが優れています。
玄関に窓が無い建物で、今回リフォームを行うことによって風通しがほしいので、採風ドアが良いのです。

ショールームに行ったら、正面の一番目立つところにファノーバのドアが飾ってありました。
アイアン細工にて葉っぱを形作られていて、採光と採風ともできる様になっていました。
ドアの色も木目調から8種類くらい選べました。気になる色は、ロイヤルペアです。採用すると南欧調になりそうです。
ショールームでは色見本の一覧票の本と色カードまでいただけました。

カタログをもらって、じっくり見てみたらファノーバよりも断熱性能がよいドアが見つかりました。
プロセレーネです。ファノーバよりプロセレーネのほうが定価では10万くらい高いです。
プロセレーネのほうが重厚感がある雰囲気です。
値段を取るか、実用性を取るかで悩んでいる状況です。

ドアだけではなく、リフォームをする際には業者の費用も無視できない問題だと言えます。
費用を比較するにはしっかりとした下調べが大事ですが、いまはネットでの口コミ情報も豊富になっていますので、今回のリフォームではそれを活用し、吟味しています。

しかしドアについては、迷いに迷っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ