トップページ

私たちの健康な生活にとっては、様々な医薬品は必要不可欠なものです。
しかし、例えば「ジェネリック医薬品」や「医薬品のネット通販の解禁」といった、最近耳にすることが多い言葉でも、実際にはあまり知らない事が多いと思います。
このサイトではお薬に関する基礎知識を紹介するのと同時に、各地から募ったお薬ごとの「服用体験談」を紹介させて頂いています。

ジェネリック薬を活用するメリット

薬局で「ジェネリック薬を希望するかどうか」ということをアンケートや口頭できかれた経験はありませんか?
ジェネリック薬とは、新薬としての「特許期間」が切れた薬のこと。
新薬の段階では、研究と開発にかかったコストが全て反映された値段になるので当然高額になりますが、ジェネリック薬は開発自体のコストはかかっていないため、原料と製造、試験等のコストが主になることから、ジェネリック薬は新薬よりも価格が安くなります。

ピックアップサイト

  • 男性の勃起不全の治療薬として最も知られているのがバイアグラですね。
    知名度は高いけど意外と多くの方が知らない便利なバイアグラ情報のサイトがコチラです。

安全性と効果が立証

ジェネリック薬は、基本的にすでに20年以上使われている薬と同じ成分で作られている上、発売されるまでには十分な検査と試験で安全性と効果が確かめられています。
ただし製造会社が違う以上、主成分以外の部分や、基材に違いが出ることはあるので、その点については、処方の際説明を受ける必要はあります。

さて、ではこのジェネリック医薬品を活用することで、具体的にどのようなメリットがあるのかということをみていきましょう。
まず、価格が安いということで、家計における医療費の節約になります。
短期的に処方される薬であれば新薬であってもそう負担にはならないかもしれませんが、長期に渡って治療が必要な方にとっては、ジェネリック活用をすると薬の総額をかなりの割合で減らすことができます。

また医療保険や特定疾患の補助等を利用して薬代を支払っている人がほとんどですから、医療費が減るということは保険国や補助を行っている自治体の負担も減るということになります。
高齢化がすすみ、医療費が今後一層国庫の収支を圧迫していくのではないかという懸念もされていますが、ジェネリック薬を使う人が増えれば、その心配も減るはずです。

自分の受けたい医療や治療を費用の問題で受けられないと状態は、患者にとっても家族にとっても精神的な重荷になります。
ジェネリック薬を活用することで、躊躇していた薬が使えるようになったり、既存の薬代を下げて新たな治療法も検討することができるようになったり、といったことが期待できるのです。

お役立ち情報

  • ジェネリック医薬品、どのようなお薬かご存知ですか?:全国健康保険協会
  • 大人になってからの美容の悩みの一つに、若い頃より治りづらい大人ニキビというものがあります。効果の高い治療薬をピックアップして紹介しています。
  • 男性の持つ悩みの中でも、人に打ち明けづらいものがED(勃起不全)についてです。治療薬の中でも即効性が高く人気のレビトラの通販情報ページです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ